最近大学を離れ、論考を公表する機会が少なくなってきました。論文として公表する以外の資料や感想文などを公開する場を持ちたいと考え、このブログを開設しました。


by nakayama_kenichi
カレンダー

2007年 12月 21日 ( 1 )

今年の私の業績

 ブログを書き始めてから、毎年12月には、その年の研究業績を反省をこめて記録しておくことにしていますので、2007年中に公表された私の業績をまとめておきます。
 
 ① 罰金刑の新設等のための刑事法の整備について(3)
    ―法制審議会刑事法(財産刑関係)部会の議事録の検討― 判例時報1948号 1月
 ② 罰金刑の新設等のための刑事法の整備について(4・完)
    ―法制審議会刑事法(財産刑関係)部会の議事録の検討― 判例時報1949号 1月
 ③ 触法精神障害者問題に対する「日精協」の対応(1)       精神医療45号  1月
 ④ 特集「心神喪失者等医療観察法の展望」(刑事法学の動き)  法律時報79巻4号4月
 ⑤ 触法精神障害者問題に対する「日精協」の対応(2)       精神医療46号  4月
 ⑥ 戸別訪問罪の性格と保護法益                    判例時報1957号 4月
 ⑦ 触法精神障害者問題に対する「日精協」の対応(3)       精神医療47号   7月
 ⑧ 『口述刑法総論』 補訂2版                成文堂      7月         ⑨ 触法精神障害者問題に対する「日精協」の対応(4)       精神医療48号  10月   ⑩ 友添太郎「ビラの配布と住居侵入罪」(刑事法学の動き)    法律時報79巻12号11月 ⑪ 『定刻主義者の歩み』                          成文堂       11月 

  以上ですが、これまでの蓄積のおかげで、ようやく面目を保ったというところです。しかし、外国語の引用のない論文ばかりだという批判(松宮)を甘受しなければなりません。ただ、ブログを何とか書き続けることができただけでも、良かったと自己満足しています。
 論文集の出版は、現在印刷中で、来年に持ち越しとなりました。                                          
[PR]
by nakayama_kenichi | 2007-12-21 21:20