最近大学を離れ、論考を公表する機会が少なくなってきました。論文として公表する以外の資料や感想文などを公開する場を持ちたいと考え、このブログを開設しました。


by nakayama_kenichi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2005年 03月 15日 ( 3 )

 心神喪失者法の性格に関連して、石井さんから質問がありましたので、お答えしておきます。
 責任能力に関する従来の判断からすれば、これまで責任能力ありとして刑事手続に乗せられていた者が本法の対象に含まれるのではないか、そうすると医療の必要性という枠組みは崩れるのではないかというご趣旨だろうと思います。
 たしかに、刑事手続か医療処分かという区別に際して、限界部分を本法の方に取り込むということになればその可能性が出でくるでしょうが、国会審議でも、精神病質者は対象にしないという答弁があり、また実際にも、1年半という比較的短期間で回転するという構想が出されていますので、それを信用するとすれば、医療の必要性を基準とした治療効果を目標とした運用が目指されているように思えるのです。
 もっとも、現実はきびしく、社会復帰を唱えても受け皿の不足から退院が困難になるおそれは十分にあり、理想通りには行かないと思われます。
 ただ、制度の出発点としては、日精協が望んでいたような、処遇困難者の長期入院施設というイメージとは異なり、その点では日精協の期待には沿わないものになりそうです。
 むしろ、医療の必要性を徹底して、入院よりも通院に重点をおいた観察法として純化する方向も考えらえれるわけで、身柄拘束と強制の要素を最小限にし、人権の保障と権利侵害からの救済を充実させる方向を展望すべきではないかと思われるのです。日弁連はその方向を目指しているようですので、注目して下さい。
[PR]
by nakayama_kenichi | 2005-03-15 21:51
 口述刑法総論の方は、すでに2005年3月10日に「補訂版」を刊行しましたが、その折に、読者から要望のありました「自習問題の解答のポイント」を薄い小冊子として本に挿入しました。
 各論の「補訂版」も現在準備中ですが、「自習問題の解答のポイント」の小冊子はできた様子なので、これまで総論と各論の初版を購入された方にも無料で差し上げることにしました。この前は、本屋をのぞいて下さいと書きましたが、これは私のミスで、できれば連絡は出版社の成文堂までお願いします(03-3203-9201)。成文堂のホームページもご覧下さい。
 最近は、刑法典の犯罪と刑罰がいとも簡単に改正されてしまいますので、本の執筆者も出版社も、改訂に追われて大変です。改正が本当に必要なのか、その手続に問題はないのか、といった点をしっかりと検討する必要があるのでないかと思います。
 私への質問は、メールでも、またこの欄へのコメントでも結構です。
[PR]
by nakayama_kenichi | 2005-03-15 12:12
 川口さんに続いて、上田さんからも、心神喪失者等医療観察法の性格が保安処分的なものではないかという疑問が出されいますので、もう少し触れておきます。
 私自身も「隠れた保安処分ではないか」という疑問を出したことがありましたが、いわゆる「修正案」が法案を通過させるための単なるテクニックだったと見るのはどうかと思います。また仮にそうだとしても、修正案による変更がもたらす影響は決して無視できるものではないというべきでしょう。
 私はこれを「2つの顔をもった法案」と呼び、いずれの方向にも動く可能性のあるものと評価してきましたが、法律が成立してから、あたかも修正案がなかったかの如く、「再犯のおそれ」は消えていないという論調が出たことに強い抵抗を覚えたのです。
 法律の性格をめぐる本質的な議論は今後も必要ですが、折角修正案が「再犯のおそれ」を要件から削除して、「医療の必要性」と社会復帰を強調したことを踏まえて、それを今後の運用の中にどう生かすべきかを考える必要があるように思います。
 そして、その観点からすれば、厚労省の文書にある「鑑定ガイドライン」の中身を批判的に検討し、鑑定入院中の医療の保障、さらには不服申立ての手続などを、付添人の活動とその役割の問題として正面から取り組もうとしている日弁連の対応と努力に注目すべきだと思います。
私自身もこの活動に参加しています。
 この問題に関する日弁連の基本的態度や、最高裁、法務省、厚労省との折衝、法施行をひかえた各地弁護士会レベルでの「シュミレーション」の実施など、情報は多くありますので、是非アクセスして下さい。法の施行は、成立から2年以内とされていますので、今年の7月ということになりますが、施設の建設などが進まず予定が遅れているようです。
[PR]
by nakayama_kenichi | 2005-03-15 09:56