最近大学を離れ、論考を公表する機会が少なくなってきました。論文として公表する以外の資料や感想文などを公開する場を持ちたいと考え、このブログを開設しました。


by nakayama_kenichi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

長岡天満宮の「つつじ」

 近くの長岡天満宮の境内にある「梅林」のことは書きましたが、梅に続く華やかな「桜」の季節は意外に短く、4月下旬からは、真っ赤な「つつじ」の花が咲き誇っています。とくに「つつじ」は、八条が池のまわりの土手を鮮やかな赤色で囲んでいるほか、とくに天満宮の鳥居を抜けて本殿に至る正面の参道の橋の両側に密集しており、ここを通り抜け、この中心部から左右に広がる八条が池を眺める景色も抜群です。このつつじの開花はかなり長く続き、この時期は連休前後にも当たるため、毎年多くの観光客を集めています。
 4月26日の日曜日の午後、久しぶりに長岡天満宮境内に接した公園を通って、特養ホーム「天神の杜」を訪問しました。養母は昼寝中で、しばらく様子を見ただけでしたが、新たに100歳に達した別の入居者(50人のうち3番目)の祝賀パーティーが開かれていて、華やいだ雰囲気が見られました。孫やひ孫を含む20名くらいの親族関係者が集まっておられ、元気なおばあさんの姿をほほえましく拝見しました。幸せな人もあるものです。
 私の養母は、まもなく8月には101歳になるのですが、意識混濁状況で意思疎通ができないとあきらめていましたら、介護スタフの若い女性の方から、本人に年はいくつと聞いたら100歳だといったということを聞いて、驚きました。ほとんど耳は聞こえず、ものも言えないはずなのですが、意思疎通ができるとは不思議なものです・・・・。
 帰りに、天満宮の境内を抜けて、八条が池周辺の「つつじ」を鑑賞しました。携帯電話のカメラで下手な写真を何枚かとりましたので、その一枚をブログの「ロゴ」の画像に入れました。平日はもっと静かに見ることができますので、来年も何とか元気でこの「つつじ」を鑑賞したいものです。
 
[PR]
by nakayama_kenichi | 2008-04-28 10:39