人気ブログランキング | 話題のタグを見る

最近大学を離れ、論考を公表する機会が少なくなってきました。論文として公表する以外の資料や感想文などを公開する場を持ちたいと考え、このブログを開設しました。


by nakayama_kenichi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

天皇制について

 2006年2月11日の朝日新聞の「声」の欄に、鳥取県倉吉市の福祉施設職員の方から「憲法改正ならまず1条から」と題する注目すべき意見が出ているので、これを紹介しておきたい。
 「皇室典範改正の賛否を尋ねた記事があった。『賛成(39%)、反対(36%)の差はごくわずか』というものだったが、私は別の設問の数値に注目した。女性天皇に賛成ですか?の問いに、『女性もなれるようにした方がよい(61%)』に次いで、『天皇制はない方がよい(22%)』の答えが多かったことだ。私は天皇制に反対だが、今の日本の社会では、この意見はほんのわずかだろうと思っていた。だからこの数値に驚くと同時に喜んだ。戦後日本は身分制度を廃し、憲法はすべての国民の法の下の平等を規定している。だが一方で天皇制によって主権者である国民以上の存在、法の下に入らない存在を肯定している。すなわち生まれながらの身分を保障しているのである。この不徹底さが今なお多くの差別を根絶できない原因なのだ。生まれながらに尊い人がいる限り、生まれながらに卑しい人も存在し続けるのだ。私はコチコチの護憲派だが、改憲するならまず第1条からである」。
 私自身も、この欄を見て、いささか驚いた。皇室典範の改正問題にはほとんど興味がないので、このような世論調査の存在することも知らなかった。そして私も、今の日本で、「天皇制がなくてもよい」とする共和制論は、ほとんど取り上げられることもないままに、無視されてきたのではないかと思っていた。この世論調査の内容を再確認してみたいと思う。
 そして、今はもうすっかり忘れ去られているが、1945年8月15日の敗戦当時に、天皇の戦争責任が問題になり、それが憲法の「象徴天皇制」に落ち着いた歴史的事実を今一度フォローして見たいと考えるようになった。
 
 
by nakayama_kenichi | 2006-02-11 19:01