人気ブログランキング | 話題のタグを見る

最近大学を離れ、論考を公表する機会が少なくなってきました。論文として公表する以外の資料や感想文などを公開する場を持ちたいと考え、このブログを開設しました。


by nakayama_kenichi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2月は逃げる

 2月は28日(ただし、4年の一度は29日)しかないので、1月と比べると3日も少ない。したがって、1月から2月になるのと比べて、2月から3月になるのは早い気がする。昔の人は「2月は逃げる」といったものである。
 日給や時給制の者にとっては変わりがないであろうが、月給を貰っていた時には、短い労働時間で同じ給料が貰えるものだなあと思ったことがある。
 われわれのように、原稿を書く仕事をしている者にとっては、原稿の締め切り日が非常に気になるものである。2月末と3月末の締め切りでは、その実質的な意味は3日も違うので、戸惑うことがある。2月は早めに仕事をし、「2月を逃がさない」工夫が必要である。
 では、どんな工夫が必要なのであろうか。その結論は簡単であって、2月はきっちり4週間あるので、一週間ごとに仕事を配分し、それ以上はみ出すことがないようにすることである。その他の月ではあと2日ないし3日残されているが、これは「おまけ」として利用するだけの余裕がほしいものである。「おまけ」もたまれば大きいのである。
 2月は寒く、今年の2月はとくに寒いので、早く3月の春になってほしいという気持ちは自然な願望である。しかし、寒い2月に良い仕事を残しておいてはじめて、暖かい3月を気持ちよく迎えることができよう。その意味で、2月は短いが貴重な4週間なのである。
 私は、今年も2月末締め切りの原稿をかかえているので、これを完成してから、2月を無事に逃がした上で、3月を迎えたいものである。
by nakayama_kenichi | 2006-02-07 21:50