人気ブログランキング |

最近大学を離れ、論考を公表する機会が少なくなってきました。論文として公表する以外の資料や感想文などを公開する場を持ちたいと考え、このブログを開設しました。


by nakayama_kenichi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

死刑廃止は世界のすう勢

 このところ、また死刑制度に関する新聞記事に目がとまり、切り抜きをしました。
 第1は、10月17日の朝日新聞夕刊の記事です。そこでは、ジュネーブの国連欧州本部で開かれていた国連規約人権委員会で日本に対する人権状況の審査が行われ、質疑では死刑や代用監獄制度などをめぐり、委員から「10年前(前回審査)の問題提起に十分対応していない」など批判が相次いだと指摘されています。日本政府は、「国民世論の多数が凶悪犯罪については死刑もやむを得ないと考えている」という従来の主張を繰り返したとのことです。国際的な批判に、10年間も「馬耳東風」を決め込んでいるのです。
 第2は、10月26日の朝日新聞の記事です。これはニューヨーク特派員による報告で、アメリカは日本とともに、死刑制度を維持する少数国に属しているが、現実には死刑を廃止した州があること(14州)、死刑存続の根拠として世論の支持とともに被害者の感情が挙げられるが、最近死刑を廃止したニュージャージー州では、被害者遺族が死刑に反対する被害者団体を作り、それが死刑廃止法案を成立させる力のひとつとなったことなどが報告されています。
 第3は、10月29日の毎日新聞の記事です。これは、28日に行われた今年5回目の死刑執行が「2ヶ月に1度」というハイペースで、今年の執行は15人に上り、自動執行の流れに近づきつつあるとして、国際世論からの批判も強まりそうだと報じています。死刑大国といわれるアメリカでも、最近は死刑を執行しているのは約10州にとどまり、死刑執行に関する情報もかなり開示されているのに対して、日本ではほとんど情報が開示されないという「閉鎖性」も国際世論の不信を買っています。
by nakayama_kenichi | 2008-10-29 21:43