最近大学を離れ、論考を公表する機会が少なくなってきました。論文として公表する以外の資料や感想文などを公開する場を持ちたいと考え、このブログを開設しました。


by nakayama_kenichi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2009年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

牧野英一先生のこと

 この間、刑法学会に出ましたら、検察官出身で現在筑波大学教授の土本武司氏と面談する機会があり、故牧野英一先生のことに話が及びました。私は最近、牧野刑法学への関心から、土本さんが牧野先生の晩年の学究生活について書かれていたものを発見し、土本さんに聞いてみたいと考えていたところで、一気に話題に熱が入りました。
 牧野英一博士(1978-1990)は、戦前から戦後の長い期間にわたって、刑法におけるいわゆる「新派」の思想を代表する偉大な刑法学者で、その著書は背丈に達するといわれた伝説的な人物です。私自身は、「牧野博士の刑法思想」という論文を書いていますが、残念ながら直接にお会いすることなく終わり、心残りな気持ちを抱いていました。
  土本さんは、その牧野博士が東大を退官後、茅ヶ崎の書斎で、92歳で死去されるまで、ほとんど休むことなく研究に没頭されていた約10年間、先生の書生として研究のお手伝いをされた実体験をお持ちで、その貴重な記録が、当時の「書斎の窓」(222号、1973年)に掲載されていることを今回お聞きして、改めて拝読しました。
  とくに今回、改めて驚嘆しましたのは、牧野先生が刑法だけでなく民法、商法、法理学などにも造詣が深いほか、「語学の神様」ともいわれ、世界各国の文献を駆使して「比較法的進化論」を唱導されたこと、そしてほとんどの時間を学問に傾注するなかでも、和歌を詠まれたことなどで、隠れた逸話と共に人間牧野の実像が浮かび上がってきます。その中から、牧野先生の東大退官時の言葉と、和歌を引用しておきます。
  「わたくしの仕事は、35年の間、いはば間断なきを得たのである。読むに従って書き、考へるに従って書き、・・・一日として著述の筆を休んだことがないのである」。
       大いなりや丹雲(にぐも)のなびき海ばらに
         しほじゆたかに夜明けむとして (召歌・御題「雲」)
  なお、牧野博士の残された書籍は、現在、法務省の法務図書館に所蔵されており(書斎の窓243号)、私も拙著『刑法の基本思想』を寄贈しました。
[PR]
by nakayama_kenichi | 2009-06-04 16:48

マンション入居一年

 昨年の6月初めにこの高齢者マンションに入居して以来、もう1年を経過しました。まずは、何とか無事に新しい環境に順応できたことに満足しなければなりません。毎日の日課も、ほぼ「定刻主義」的に、一定のペースを維持しつつ、継続するようになりました。 しかし、びわ湖畔の眺望の良さを除けば、周囲の環境は依然として改善の兆しもなく、交通の不便さとも合いまって、万事が快適とはいえない事情があります。
 このマンションは、一般のマンションでもなく、老人ホームでもないという、いわば中間施設ですが、共用部分(食堂、浴場、フィットネスルームなど)があって、入居者の共同生活が楽しめるという長所はありますが、その反面、高齢者にとって重要な医療と介護の側面ではなお不十分なため、入居者の不安は隠せません。
  私自身は、まだ健康な方に属しますので、それほどの問題はありませんが、要支援・要介護の高齢者にはそれなりの支援制度はあるにしても、これからその必要が増えることが明らかな多くの入居者にとっては、今後の医療福祉と介護問題の行方が深刻な課題として意識されています。提携病院との連携のあり方の改善を含めて、地域医療体制の充実とそれへの賢明なコミットの方法を積極的に開拓して行く必要が求められています。そして、私自身も、そのためのボランティア活動に協力しようと考えています。
  なお、私事にわたりますが、6月2日は、亡妻の誕生日なので、外出の帰途、ケーキを2個買って、今年はマンションの部屋の中で、おばあちゃんの写真の前にも供えて、つつましいお祝いをしました。何とか写真をとりましたので、掲載しておきます。
c0067324_1634147.jpg

[PR]
by nakayama_kenichi | 2009-06-03 09:50

刑法学会60周年

 昨年5月のブログを見ますと、神戸の国際会議場で開かれた日本刑法学会が60周年に当たると記していましたが、実は今年の5月30日・31日に東京の明治大學で開催された刑法学会が正確には60周年に当たるとのことです。私は今年も、参加してきました。
 その上に、今回は、現在の刑法典が明治40年(1907年)に出来てからほぼ100年に当たり、当時の明法寮を含む刑法典の編纂事業にゆかりのある明治大学で開催されたこともあって、この100年間に及ぶ歴史的な回顧と将来の展望を語るというスケールの大きい有意義な企画が構想されました。また、ドイツから、著明な3人の刑事法学者が招聘されて、講演をされ、日独の比較と国際協力の必要性が共通に指摘されました。
 日本の刑法と刑事訴訟法の100年の歩みについては、私どもの昭和初め生れの同僚として、西原春夫、松尾浩也の両氏が報告を担当されました。とくに西原さんが、刑法の日本的特色という点とともに、戦後のマルクス主義をめぐる私との論争に言及されましたので、私としても、この論争について、改めてコメントをしなければなりません。
 一方、ドイツ人の講演では、とくにハッセマー教授が、ドイツ刑法の過去・現在・未来を語られた中で、ドイツでも現在では「自由のパラダイム」の犠牲の上に「治安のパラダイム」が日々に進行しつつあるというきびしい現実を直視した上で、将来への選択肢としては、そのような危険社会の現状に対しても、人格性と寛容という視点に基づいた刑法原則を維持すべきであると明言された点に、共感を覚えました。
 私は最後に質問し、日独の共通面を認めた上でも、日本が死刑を維持している点に決定的な相違があることを指摘し、教授のコメントを求めましたが、ドイツでも一時凶悪事件が連続発生した際に死刑復活の動きがあったものの、現在は落ち着いており、死刑は本来維持すべきでなく、廃止すべきだと明言されました。因みに、ドイツはナチス崩壊後の戦後当初にすでに死刑を廃止しており、日本は戦後の民主化の時期にチャンスを失したのが今日まで響いていると思います。
 
 
[PR]
by nakayama_kenichi | 2009-06-01 10:49