最近大学を離れ、論考を公表する機会が少なくなってきました。論文として公表する以外の資料や感想文などを公開する場を持ちたいと考え、このブログを開設しました。


by nakayama_kenichi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2009年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

最高裁長官の談話

 5月3日は「憲法記念日」に当たりますが、新聞もテレビもあまり熱を入れて報道しませんので、一般の市民も連休中の一日くらいにしか意識していないように思われます。せめて、憲法の前文や9条、25条などの全文を紙上に「再現」してほしいものです。
 報道の中では、竹崎最高裁判所長官の記者会見の記事に注目しました(朝日新聞2009年5月3日)。しかし、その内容は、日本国憲法の基本的理念や最高裁の任務を明らかにするといったものではなく、もっぱら5月21日にスタートする裁判員制度に関するものでした。
 報道によりますと、長官は、裁判員制度によって「わが国の司法制度の歴史の中で新たな第1歩が踏み出される」と述べ、市民に協力を呼びかけた。そして、「裁判員になる人の負担を考えたうえで制度を運営できる」と自信を示したうえで、「裁判員裁判がこれまでの刑事裁判とどの程度異なったものになるのか。それを国民がどう評価し、受け入れていくのか」といった点を注視しているとした。さらに、死刑の判断基準の点については、「先例をきちんと検討し、死刑をめぐる社会的、歴史的動向もいろいろな角度から検討して、裁判の場で適切に考慮されるようにすることが必要だ」と述べたとのことです。
 しかし、新しい制度が始まる直前の時期であるだけに、質疑応答を含めて、もっともっと詳しい紹介が必要なはずで、これでは国民の不安は解消されないでしょう。実は、最高裁も最初は裁判への市民参加に反対であったのはなぜかといったくらいの鋭い質問を期待したかったところです。国民は最高裁が「憲法と人権の砦」であることをこそ期待しているのです。
 
[PR]
by nakayama_kenichi | 2009-05-04 09:08

未完の刑法

 『未完の刑法』とは、上田寛・上野達彦氏の共著(2008年、成文堂)の題名で、「ソビエト刑法とは何であったのか」という副題がついています。それは、1917年のロシア革命によって成立した社会主義刑法が、1991年のソビエト連邦の崩壊によって、「未完」に終わり、したがって社会主義刑法の研究も「未完」に終わったことを意味しています。しかし、果して何が未完に終わったのか、本当にそれは未完に終わったのかを問い直し、それぞれの時代ごとにソビエト刑法と刑法思想の変遷を歴史的に回顧し総括したうえで、残された課題を探るという手法によって多面的なフォローがなされています。
 私自身も、「ソビエト刑法」の研究を手がけた者として、改めて本書を読み、感慨を深くしました。社会主義刑法の最大の特色は、刑法の「階級性」を大胆に提起したことで、それは資本主義刑法の「階級的矛盾」を批判した点ではインパクトがありましたが、肝心の社会主義刑法が「階級性のない共産主義社会」に向けて「刑法の死滅」を展望できたかといえば、それこそ「未完」に終わったといわざるを得ません。
 私の素朴で最大の疑問は、働く庶民の利益を代弁しこれに奉仕するはずの共産党などの勤労者政党が、なぜこの基本的な使命に反し、かえって一つの「特権的な集団」に成り果てたのかという点にあります。社会主義の体制は、働く庶民の利益を擁護するものであり、党や政府にはその可能性が与えられていたにもかかわらず、その信頼と期待を裏切った責任は限りなく重いというべきでしょう。
[PR]
by nakayama_kenichi | 2009-05-02 17:23