最近大学を離れ、論考を公表する機会が少なくなってきました。論文として公表する以外の資料や感想文などを公開する場を持ちたいと考え、このブログを開設しました。


by nakayama_kenichi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

2010年 11月 04日 ( 1 )

松本校長先生

 郷里の余呉町に住んでいる私の中学の同級生から、『松本義懿教育選集』(新風書房2006年)を送って頂きました。松本先生は、私どもが虎姫中学の第5学年の折(昭和18年4月から19年3月まで)の校長先生だった人です(明治30年生、昭和51年没、79歳)。これは、著書『道心に訴える』(1953年)から抜粋した小冊子ですが、スイスの教育実践家ペスタロッチと近江聖人中江藤樹の研究者であるだけに、入学式や卒業式の「訓話」が実に味わいのあるもので、いつまでも聴く人の胸を打ち、心の片隅に残るものとなっています。以下は、その一部です。
 1.水に五徳あり 水は数々の美徳をもつ。第1に、すべてのものを清くする力があり、第2に、淡きこと水の如く無欲であり、第3に、下へと落ちる謙遜なものであり、第4に、どの容器にも入る素直さがあり、第5に、すべてのものをうるおす力がある。
 2.愚公、山を捨てる話 二つの山を背負って遠くに捨てようとした愚公の方が知恵の知捜に勝ったという中国の昔話から、成功の秘訣といわれる「運・根・鈍」のうち、「鈍」の中に正直で一筋の誠実さが通っている。
 3.仕事と人生 卒業生の調査の結果として、模範的な職業人に共通するのは、第1に、その仕事に長年従事していること、第2に、外の者より少し努力していること、第3に、恩を感じていることであり、その結論は平凡なだけに普遍性がある。 
 4.万能足りて一心足らず 何か一つ足りないのは、人の心のまことである。人間はまことによって結び合うことができるもので、「至誠天に通ずる」のである。
 5.物にも生命がある 落とした時計が帰ってきたのは、時計が私を呼びもどしたのである。彫刻家は石の声を聞き、音楽家は木の葉から歌を聞く。万物をいたわる心が、人間をいたわる心に通じる。
  ------------------------------------
                 松本義懿先生(川原林徳ー画) 
c0067324_924172.jpg

[PR]
by nakayama_kenichi | 2010-11-04 09:11