最近大学を離れ、論考を公表する機会が少なくなってきました。論文として公表する以外の資料や感想文などを公開する場を持ちたいと考え、このブログを開設しました。


by nakayama_kenichi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

2009年 02月 14日 ( 1 )

マンションの中の出会い

 この高齢者用マンションに来てから、もう9か月を経過しました。部屋の内部や施設の利用、それに付近の外部環境にも、たいぶ慣れてきたようです。まだ、ときどき長岡京の空家にときどき帰り、特養ホームに101歳の養母の様子を見に行きますが、生活の本拠は大津のマンションに移ったようです。
 ここは、普通のマンションと違って、食堂や浴場やフィットネスルームなどの共用部分がかなりありますので、個室に引きこもらず、入居者の間での交流が自然にできる機会があり、現に、隣人や趣味の関係などを通じて、仲間ができつつあります。クリスマスコンサートや講演会なども開かれていますが、独身の高齢者が多い関係から、自主的な助け合いの会も作られ、買い物の手伝いなどの相互のささやかな援助活動も始まっています。
 この同じマンションに入居して、ともに余生を送るというのも、偶然な一つの「出会い」というべきものですが、何とか互いにいたわりあって仲良く楽しく生きていこうというのが、入居者の共通の願いだといってよいでしょう。
 私自身も、かなり多くの人と親しくなり、それぞれの人のあたたかい心情に接して、励まされることがあります。過日も、大正生まれで、まだアジアを中心に国際取引活動を継続されているH氏のご招待で、韓国(ソウル)や中国(上海)から来日された会社関係者の方々と一緒に食事をして歓談する機会がありました。そこでは、とくに、これらの若い外国人が英語のほか、日本語も十分に話す能力があることに感心しました。また、新しい友人が出来たことを嬉しく思い、再会を約して別れました。
[PR]
by nakayama_kenichi | 2009-02-14 09:45