最近大学を離れ、論考を公表する機会が少なくなってきました。論文として公表する以外の資料や感想文などを公開する場を持ちたいと考え、このブログを開設しました。


by nakayama_kenichi
カレンダー

2008年 02月 20日 ( 1 )

長岡天満宮の梅林

 長岡天満宮の境内はかなり広く、八条ヶ池の周りには「さくら」の木の並木道があるほか、本殿に向かう橋の両側には真っ赤な「つつじ」の通り道が有名ですが、奥の方の竹やぶに囲まれた公園の一角には、ひっそりとした「うめ」の林が存在しています。昔はこの付近はもっと竹やぶが多かったのですが、次第に住宅地に浸食されていくのは、自然保護の観点からは悲しい気がします。
 自宅から養母が入居している特養ホームまで歩いて10分くらいで、公園を通り抜けるときは、いつもこの梅林を見ることができます。2月も下旬ですが、まだ寒い日が多く、梅はまだほとんど「つぼみ」がふくらんだ程度ですが、なかにはもう黄色や桃色の花を咲かせているものもあり、立ち止まって眺めれば、風情があります。
 私は、はなやかな「さくら」や真紅の「つつじ」よりも、あわくて可憐な「うめ」の花のほうが気分的にも似合っているようで、好ましいように思えます。自宅の庭にも、黄色い花を咲かせた「うめ」が、寒椿の花とともに、毎年見られますが、私は歌が読めませんので、ここで、亡妻が走り書きした歌を書きとめておきます。これは、平成16年11月分の介護報告用紙の裏に書いたもので、判読しにくい字もあります。

    老梅の光すかして咲く花の 二輪三輪寒に入りしな
    久しくを咲きてやさしきミニばらの うすくれないをいとをしみをり
    寒つばき葉がくれ影の二つ三つ ちちと鳴きて目白なるらし
    西山の峯の上明きひとときを 今日一日の静寂に座す
    たおやかにさきていませと百歳(ものとせ)に近き母への祈りひたすら
c0067324_22252717.jpg

[PR]
by nakayama_kenichi | 2008-02-20 21:32