最近大学を離れ、論考を公表する機会が少なくなってきました。論文として公表する以外の資料や感想文などを公開する場を持ちたいと考え、このブログを開設しました。


by nakayama_kenichi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2007年 12月 31日 ( 1 )

今年の大晦日

 2007年の大晦日は、何よりも前日以来の寒波襲来で、すっかりちじこまってしまいました。朝は氷点下となり、風もかなり吹いていましたが、やがて太陽が出て明るくなり、天気は回復しつつあります。
 この年末も、30日の夜、カナダから娘と2人の孫が帰ってきましたが、カナダはもっと寒いので、寒さはあまり気にならないとのことです。
 家事は娘がやってくれるので、31日は朝食後から、机に向かって原稿を書いています。
孫の2人も、それぞれ大學と高校の受験を控えて、神妙に勉強しているようです。
 さて、今年を振り返って見ますと、まず体の面では、2月頃に、試みに検査をしたら前立腺がんの疑いが濃厚となり、桂病院の泌尿器科の野々村医師の診断で、ホルモン・放射線治療をするため、かなりの期間、集中的に通院したことが思い出されます。野々村先生は、私の息子と同世代で、京大医学部の学生時代に法学部の私の刑法の講義を盗聴したという奇縁も明らになり、不思議なご縁があるものだと思いました。がんの治療は治まり、今は前立腺肥大の服薬治療を続けています。
 研究の面では、毎月3回の研究会になるべく休まないように努力しましたが、これも長年の習慣の結果です。論文は少なくなりましたが、ブログは一年間休まずに続けることができました。
 大阪の伊賀・笠松法律事務所に出かける回数は減りましたが、若い「梁龍成」君という新人弁護士と2人の若い女性事務員も加わって、事務所はすっかり気分一新し、年末の忘年会は盛り上がりました。いま、危険運転致傷罪に問われた被告人の弁護活動に参加しています。
 また、日弁連の刑事法制委員会に出席するため、東京にも何回か出かけました。
 100歳のおばあちゃんと仏前の家内の写真も大切にしています。
 今日で、2007年のブログも終わります。
 
[PR]
by nakayama_kenichi | 2007-12-31 15:13