最近大学を離れ、論考を公表する機会が少なくなってきました。論文として公表する以外の資料や感想文などを公開する場を持ちたいと考え、このブログを開設しました。


by nakayama_kenichi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2007年 01月 30日 ( 2 )

佐伯先生91歳の講演

 佐伯千仭先生を偲ぶ会が2月3日の午後、大阪の弁護士会館で行われることになっています。その日も近づいてきましたが、最近では、佐伯先生のスケールの大きいお人柄やお仕事に関わる逸話などを記録した文章も目につくようになってきています。
 その一つとして、佐伯先生が91歳のご高齢のときに、大阪弁護士会館で講演された記録を入手することができました。これは、1999年(平成11年)9月20日に、「刑事弁護と刑事訴訟法50年」と題する第42回日弁連人権大会プレシンポジウムの際の基調講演の一つとしてなされたもので、講演のテーマは「全面的証拠開示と刑事訴訟法」というものでした。
 この記録は、現在私が所属する事務所の伊賀興一弁護士が、この貴重なシンポジウムの総合司会の役割を果たしたという歴史的な事実とともに、私に知らせるべく送られてきたものです。
 私自身は、この講演の趣旨自体は先生からどこかでお聞きしたような記憶はありましたが、改めて佐伯先生のこの文章に直接触れることによって、その一貫した鋭い論旨とその説得力を支える情熱的な人権感覚に圧倒されてしまいました。先生は、結論として、「法規の明文の根拠がなくても、合理的だと思われる場合には、・・・・裁判所による公判前の証拠開示命令は可能だという方向に裁判所を引っ張って行かねばならないのです」といわれていますが、それは弁護士が裁判所を動かして行くだけの情熱と力量を身につけるべきことを若い弁護士達に訴えられているように思われるのです。
 そして、同じことは、学者の場合にも言えるのでないかと自省している次第です。
[PR]
by nakayama_kenichi | 2007-01-30 21:32

京大会館と楽友会館

 昨年1月のブログを見ましたら、1月29日(日)の刑法学会関西部会に出席するために、朝早くから京大会館に出かける途中、鴨川にかかる荒神橋の辺りでしばらく散歩したと書いていました。そして、一年後の今年も1月28日(日)の朝に、ほとんど同じような経路をたどって、1人で、荒神橋周辺の川辺をしばらく散歩し、昔を偲びました。冬の朝は寒いものですが、以前の冬はもっと寒く、京都の雪景色も決して珍しくなかったと記憶しています。
 最近は、関西部会はほとんど京大会館で開かれるのが通例となっていますが、かつては、百万遍から東山通りを南に下がった近衛通りに「京大楽友会館」という施設があり、そこが関西部会をはじめ各種の会合によく使われていたことを思い出します。古い建物でしたが、あたりも静かで、当時としてはモダンな風格を備えた落ち着いた建物でした。そのうえに、京大会館と比べると、所在する場所が分かりやすいのが最大のメリットでしょう。そして、この東山通りにはまだ市電が走っていたという風景も、懐かしく思い出されます。
 当時の楽友会館には、学生の出入りはご法度であったと思いますが、私自身は、学生であった敗戦後の昭和27-8年当時に、瀧川先生の刑法ゼミがこの楽友会館で行われていたという記憶があります。絨毯を敷きつめた廊下や黒塗りのテーブル、椅子などは、当時の素朴な大学のキャンパスの建物には見られない「豪華」なものに思われました。
 今、私の手元には、昭和28年頃、京大3回生当時の瀧川ゼミが楽友会館で行われたことを示す写真が一葉残っていますが、そこには、瀧川先生のほか、8名のゼミ生が写っています。毎年12月にゼミ生の会を開くことになっていますが、その場所は、今は京大会館になっています。
[PR]
by nakayama_kenichi | 2007-01-30 10:37