最近大学を離れ、論考を公表する機会が少なくなってきました。論文として公表する以外の資料や感想文などを公開する場を持ちたいと考え、このブログを開設しました。


by nakayama_kenichi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2006年 08月 08日 ( 2 )

昭和30年当時の仙崖荘

 若狭の仙崖荘ばかりにこだわっていますが、3日に訪問した際に、門人一家の北原さんから、昭和30年当時の仙崖荘について書かれた新聞記事を見せて頂きましたので、その内容を記録として要約・紹介しておきたいと思います。
 これは、昭和30年(1955年)4月6日付の中部日本新聞(福井版)の記事ですが、その中には以下のような記載が見られます。
 乾長昭氏は「若狭聖人」といわれた賢人だった。同家の系図によると、清和天皇の孫経基王の末孫で源満仲公の34代目にあたるという。昭和2年60歳のとき遠敷群上中町下タ中区の小丘にいほりを建て仙崖荘と名づけて老後の余生を送った。ここで当時の区民らに「人生いかに生くべきか」の哲理を教えたのが実を結び、同氏の死後も毎月1回、命日にあたる19日に60余名の農家の人達がいまもなお野良着姿のまま集って修養の道を励んでいる。
 慶応3年9月10日出生の乾氏は、伝記によると6歳で実父満昭氏から漢学を学び16歳で独立、和漢の古典百巻を読破、東都に遊学して法政大学法科卒業後は仏教哲学を研究して真理をきわめたとある。下タ中区酒類販売業北原文左衛門氏らのすすめで昭和2年ころから他界した昭和13年1月19日までの10余年間、八幡山を背に美しい樹木に囲まれた仙崖荘で希望者を集めて哲学講座を開き、モンペ姿の純朴な農夫がつめかけて百ブツ(勿)訓、如是観、正信ゲ(偈)阿弥陀教など、宗派に関係なく難解な仏典をかみ砕いてわかりやすく聞かせた。むつかしいもの、わからないものをありがたがる盲従的な観念は強く排撃した。・・・・三方郡十村地方からも熱心な青年男女が集り、多いときには受講生は百余名に達し,6畳2間の仙崖荘は人ガキで埋まったほどだったという。
 以上が当時の記事の内容です。おそらく最大の疑問は、小学校卒業程度の教育しかない農民にどうして仏教や哲学の難しい経典の内容が理解できたのか、そんなものになぜ興味を抱いて自発的かつ継続的に勉強するようになったのかという点にあるでしょう。今回、門人の子孫の方にその点を質問してみたら、話の内容よりもむしろ師の人柄を慕って集り、その教えを一生懸命に勉強したのだろうということでした。そこには、今日の教育にとっても考えさせられるものが含まれているように思われます。
[PR]
by nakayama_kenichi | 2006-08-08 14:45

仙崖荘の涼風

 過日、福井新聞小浜支局の記者から電話があり、私のブログのなかの「若狭の賢者」の紹介文を見て、現地にある「仙崖荘」を見学し当時の弟子の子孫の方々とも会ってみたいと思うので、できれば同道してほしいという依頼がありました。そこで、8月の墓参をかねて、急遽若狭まで出かけることになりました。
 8月3日の早朝に家を出て、近江今津まで湖西線に乗り、そこまで迎えにきてくれた記者の車で、夏山の谷間に沿って若狭まで通り抜けました。午前10時半ころに到着した頃は、もう北原さんなど現地の親しい門人関係の数人の方々が仙崖荘の戸や窓を開けて、中で待機しておられました。
 私自身も仙崖荘の中に入るのは久しぶりでしたが、築後すでに80年の古い家のなかにはほとんど家財道具もないのに、床の間に掲げられた乾長昭氏のかなり大きな写真がなお訪問者の目をひきつける魅力と緊張した臨場感を与えるのが不思議です。集った皆さんで資料を持ち寄って、建物と記録の保存方法を相談したのですが、話はいつしか昔に及び、親や兄弟などから伝え聞いた昔々の思い出話をあたかも自分自身の体験談のように、目を輝かして語られる姿には、改めて驚きのほかありませんでした。記者も強い印象を受けた様子でした。
 とくに仙崖荘に近隣の人たちが集ったのは、昭和2(1927)年から昭和13(1938)年までの約10年間という古い古い時代のことでであり、昭和30年頃に平泉澄氏が訪問して「若狭の賢者」のことを紹介されてから数えても、現在まですでに50年を経過しているという時代の長さに注目しなければなりません。平成18(2006)年の現在でもなお、門人の子孫たちが仙崖荘に集って、賢者の墓所とともに維持管理を続けているというのは、尋常のことではないのです。
 戸外は真夏の暑さでしたが、仙崖荘の中を通る風は涼しくさわやかでした。
[PR]
by nakayama_kenichi | 2006-08-08 13:56