最近大学を離れ、論考を公表する機会が少なくなってきました。論文として公表する以外の資料や感想文などを公開する場を持ちたいと考え、このブログを開設しました。


by nakayama_kenichi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2006年 06月 02日 ( 1 )

6月2日

 しばらく休んでいたブログを今日から再開することにしました。
 まだ私事を引きずっていますが、今日6月2日は、亡妻の誕生日です。大阪に出た帰りに、阪急百貨店で誕生祝いのケーキを買ってきましたが、肝心の本人がいませんので、近所の親しい奥様に来てもらって、ささやかな誕生会をしました。これからは、毎年、死亡した4月16日とともに誕生した6月2日も忘れずに記念したいものだと考えています。
 1人暮らしにも、たいぶ慣れましたが、まだ気分が落ち着かず、なかなか前向きのリズムに乗れないでいます。外出してもすぐに家に帰りたくなるというのも、おかしな心理現象です。
 研究生活は中断したままで、気を紛らわすために、家の内外の片付けものをしていますが、その中から過去の思い出の品などを発見することがあります。
 5月27日と28日には、刑法学会が立命館大学で開かれましたので、思い切って顔を出しましたが、多くの友人と会うことによって、だいぶ元気を取り戻しました。しかし、研究報告を聞いている間に居眠りをしたりして、まだ体調も本調子でないことを自覚しました。
 今日はまず、お悔やみ頂いた「千の風になって」という詩(歌)の一節をかかげておきます。

   私の墓の前で 泣かないでください
   そこには私はいません 眠ってなんかいません
   千の風に 千の風になって
   あの大きな空を 吹きわたっています

   秋には光になって 畑にふりそそぐ
   冬はダイヤのように きらめく雪になる
   朝は鳥になって あなたを目覚めさせる
   夜は星になって あなたを見守る
 
   私のお墓の前で 泣かないでください
   そこには私はいません 死んでなんかいません
   千の風に 千の風になって
   あの大きな空を 吹きわたっています

   千の風に 千の風になって
   あの 大きな空を 吹きわたっています
   
   あの 大きな空を 吹きわたっています
[PR]
by nakayama_kenichi | 2006-06-02 18:25