最近大学を離れ、論考を公表する機会が少なくなってきました。論文として公表する以外の資料や感想文などを公開する場を持ちたいと考え、このブログを開設しました。


by nakayama_kenichi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2005年 09月 01日 ( 1 )

9月1日

 何時の間にか8月も終わり、今日から9月に入った。 夏休み中だったこのブログも、今日から復活することになった。
 8月中の成果を明らかにすることを約束していたが、結論的には、今年の夏は最低で、思った成果がほとんど上がらなかった。家庭の介護問題に苦労したことが最大の理由であるが、仕事が進まなかったためか、今年の夏は余計に暑かったように思われる。しのびよる地球温暖化によって、やがて40度の夏が到来するような予感がする。
 8月には、恒例の合宿研究会が予定されていたが、今年は、刑法読書会の合宿にも日弁連の合宿にも参加できなかった。ただ、「関西医療フォーラム」の研究会には出たほか、浅田和茂・松宮孝明氏と3人の共著となる「レヴィジオン刑法」第3巻のための研究会には3回とも出席して討論に参加し、9月10日の4回目で完結することになった(ただし、録音の再生や編集のため、出版までにはまだ相当の日を要する)。
 原稿もいくつか書いたが、一番簡単なものが「共謀罪の本音とたてまえ」として、京都新聞の9月2日の朝刊に掲載予定となっている。そこでは、17年7月の「衆議院法務委員会」の審議を素材にしたが、その前の「法制審議会」の論議の分析は、まだこれからの作業として残されている。そのほか、「刑事法学の動き」の紹介原稿を雑誌社に送付済みで、これを入れると、印刷準備中のものが3つ存在する。生産力は落ちたが、何とか研究生活を休まず継続して行きたいというのが、9月1日現在の切実な念願である。
 
[PR]
by nakayama_kenichi | 2005-09-01 10:07