最近大学を離れ、論考を公表する機会が少なくなってきました。論文として公表する以外の資料や感想文などを公開する場を持ちたいと考え、このブログを開設しました。


by nakayama_kenichi
カレンダー

2005年 05月 26日 ( 1 )

往復書簡

 私は、長年にわたって刑法の研究と教育に携わってきましたので、講義の受講生や本の読者から質問を受ける機会が多く、これまでできるだけ丁寧に対応してきたつもりです。しかしその中でも、ある学生との間で1年半にもわたって質問と回答を重ねた「往復書簡」の記録が残されいますので、そのいきさつを述べておきたいと思います。
 それは、1984年7月25日に紀伊国屋ホールで行われ有斐閣主催の講演会での私の講演の後で、当時の一橋大学法学部の在学生が、京都まで長い質問状をくれたのがきっかけで、その後、回答・再質問・再回答というように連続し、翌々年の1986年2月まで続いたものです。私は、そのことを忘れていたのですが、その学生が記録を残しており、後日これらの質問と回答を全部コピーし製本して送ってもらったときは、本当に感激してしまいました。
 質問は丹念で実に長く、忙しい中をようやく回答すると、またすぐに長い質問が送られてきて、また回答を迫られるというパターンが続き、率直にいって追い回されていたわけですが、しかしその学生の熱心な勉強の意欲に動かされて、よくも続いたものだと思います。
 今なら、ワープロやパソコンのメールがありますが、当時はすべて便箋や原稿用紙に手書きするより方法がなく、手紙には10円の印紙まで添えられていたことも印象的です。
 いずれ機会があれば、何らかのか形で内容も公表したいと考えていますが、ここでは、日記やメモを含めて、記録・保存しておくことの大切さを改めて指摘しておきたいと思います。
 因みに、この学生は、現在大阪市立大学法学部助教授の三島聡氏であります。
[PR]
by nakayama_kenichi | 2005-05-26 13:52