最近大学を離れ、論考を公表する機会が少なくなってきました。論文として公表する以外の資料や感想文などを公開する場を持ちたいと考え、このブログを開設しました。


by nakayama_kenichi
カレンダー

2005年 05月 19日 ( 2 )

臓器移植法の見直し

 最近、1997年に成立した臓器移植法を見直すための議員立法の動きが浮上し、このブログでも、「河野案」、「福島案」などを紹介したが、その上に、適用年齢のみの引き下げを提案する「斉藤案」も登場し、立法化の今後の動向は不透明である。
 しかし、その前に、1997年に臓器移植法が成立した当時の問題状況をしっかりと記憶にとどめておく必要がある(中山=福間編・臓器移植法ハンドブック、7頁以下参照)。
 ここでは、中島みち氏が2005年4月13日の与党有志議員の検討会(第7回)でのヒアリングの際に、以下のような趣旨の発言をされていることに注目しておきたい。
 それは、現行法の「見直し」規定では、抜本的な改正法案の提出を許していないとするもので、将来的には「見直し」という言葉を利用して脳死を人の死とする巻き返しも予想していたが、自ら現行法の作成責任者に文書で確認し、「見直し」条項が第1次修正案のときのような意図を含む可能性は絶対にありえないと確約してもらっているというものである。
 ただし、附則第2条の文言自体は、「この法律の施行後3年を目途として、この法律の施行の状況を勘案し、その全般について検討が加えられ、その結果に基づいて必要な措置が講ぜられるべきものとする」となっており、見直しの方向や内容の限定はついていない。
 しかし、これは重大な問題なので、当時の国会審議の際の議事録を含めて、見直し条項にかかわる問題状況を調査し確認しておく必要があると思われる。
 私も、中島氏が言われるように、14年間の議論の末に出した本法の基本的な原則をそう簡単に転換することには重大な疑義があり、腰を据えた慎重な検討が必要であると考える。
 
 
[PR]
by nakayama_kenichi | 2005-05-19 21:36

本の誤植の指摘

 私は、これまでにも多くの著書を出版していますが、学生用の刑法の教科書や参考書については、これまでにも、読者から内容上の質問を受けたり、とくに印刷上の「誤植」を指摘されることも少なくありませんでした。
 執筆者は、依頼された原稿を書いて(今ではワープロやパソコンで)出版社に送ったあと、印刷用の「ゲラ刷り」が郵便で送られてきますと、それに赤ペンで確認と訂正の作業をします(校正といいます)。
 そのときに、もう一度自分の原稿を読み直して、内容にまで大幅に手を入れる人もあると聞きますが、私自身はきわめて形式的に、表現上の見直しをする程度で、通常はほとんど手を入れることなく、早期に返送します。論文でなく、著書の場合には「再校」といって2度またはそれ以上も校正作業をすることもありますが、訂正がなければ比較的早く済みます。
 ところが、本や論文が出来てから、印刷上の「誤植」が発見されることが稀ではありません。その最大の理由は、執筆者が自分の書いたものを読むときは、どうしても読み流してしまう傾向があり、自分でミスを発見しにくいという点にあります。
 そこで、丹念に読んで下さる読者がいますと、案外と思われる「誤植」が次々に発見されて、驚かされることになります。実は、今、「新版口述刑法総論」を出版し、「補訂版」も出したのですが、阪大のロースクルーの院生から、内容的な質問とともに、実に詳しい「誤植」部分の指摘を
受けているところで、著者としては感謝と恐縮の気持ちで一杯です。
 本を増刷する機会に訂正しますが、旧版をお持ちの読者には「正誤表」を作って陳謝しなければなりません。
 
[PR]
by nakayama_kenichi | 2005-05-19 09:48