最近大学を離れ、論考を公表する機会が少なくなってきました。論文として公表する以外の資料や感想文などを公開する場を持ちたいと考え、このブログを開設しました。


by nakayama_kenichi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2005年 04月 26日 ( 2 )

国立大学の授業料

 最近の京大学生新聞の中に、国立大学の年間授業料の標準額が1万5千円値上げされることになったという記事とともに、京大生のアンケート調査の結果が出ていた。
 それによると、有効回答数125のうち、賛成が23(18%)、反対が44(35%)、どちらでもない(わからない)が58(47%)となっている。
 賛成者の意見としては、国から削減される予算を埋め合わせるためには必要、今までの授業料は安かったのではないか、さしたる負担にならない、反対意見としては、経済的負担が増える、私立との差が小さくなる、十分な説明がない、横並びは京大らしくない、保留者の意見としては、親に払ってもらっているので値上げの感覚がない、値上げを知らなかった、大學が決めることで自分では判断しかねる、といった内容である。
 編集部によれば、一部の学生は値上げ反対を叫んで総長室まで押しかけ、看板に値上げ反対と書いて抗議する姿勢も見られたが、多くの学生にとってはあまり重大なこととは認識していないようだというのである。
 この記事を見て、最初は驚いたが、なるほどそれが現在の京大生の意識をあらわしているのかと思い直すことになった。
 それにしても、私どもが京大に在学中の頃は、ほとんどが貧乏学生で、当時千円くらいだった授業料などとても払える余裕がなかったことを思い出す。豊かになったことを喜ぶべきか、学生の自治と社会感覚はどうなったのか、いささか複雑な心境にかられている。
 「独立行政法人」になった国立大學は、これからどこに行くのであろうか。心配である。
[PR]
by nakayama_kenichi | 2005-04-26 19:10

臓器移植法の改正案

 最近の報道では、自民、公明両党の有志議員が、臓器移植法改正案の検討会を開き、家族の同意を脳死判定の条件とする改正案をまとめ、28日に再度検討会を開いて詳細を詰め、5月の連休明けにも修正案の国会提出を目指すという(毎日2005年4月21日)。
 最初の案は、脳死を人の死と定め、医師の裁量で脳死判定・死亡宣告ができるという徹底したものであったが、市民団体等からの反対の声が上がり、家族の同意を条件とするところまで修正を加えることになった。
 現行法では、家族のみならず本人の同意(ドナーカード)がなければ脳死判定に入れないので、ドナーカードがなくても家族の同意があれば脳死判定と移植が可能となる点で、重大な相違がある。しかし、少なくとも家族の同意がなければ脳死判定をして死亡宣告もできないので、「脳死は人の死である」と認めたことにはならない点で、最初の案とも質的な相違があり、いわば両者の中間案といえよう。
 しかし、この修正案では、現行法よりもさらに論理的な矛盾が深まる。それは、脳死状態の人を家族の同意だけで死体と認めることになるからで、これを理論的に正当化することはおそらくできないであろう。
 さらに、本人の意思が不明なのに家族が同意を与えるというケースは、家族の心理的負担を考えれば、実際にどれほどあるか必ずしもはっきりせず、効果にも疑問がある。
 むしろ、ドナーを増やすにはどうしたらよいかを、もっと視野を広げて考えるべきであろう。
 臓器売買には強い抵抗感があり弊害があるとしても、ドナーの意思表示者に何らかの「報償」を与えることなどは考慮してもよいのではないかと思われる。
[PR]
by nakayama_kenichi | 2005-04-26 18:31