最近大学を離れ、論考を公表する機会が少なくなってきました。論文として公表する以外の資料や感想文などを公開する場を持ちたいと考え、このブログを開設しました。


by nakayama_kenichi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

団藤先生の先学訪問

 私の最近の論文集を団藤先生に献呈しましたところ、早速ご丁重な自筆の礼状とともに、学士社発行(平成18年5月1日)の「先学訪問 団藤重光編―21世紀のみなさんへ―04」という小冊子が送られてきました。これは、井口洋夫氏(物理化学者、東大名誉教授)の質問に団藤先生がお答えになるという対談形式のもので、発刊の辞としては「日本学士院会員で、世紀を越えて活躍しておられる卆壽を越えられた碩学の師をお訪ねして『先学訪問』とし、会員の方に配布する」趣旨のものと書かれています。
 そのもくじは、幼少期に育まれたもの(陽明学と武士道、動物を愛して、2回の飛び級、漢文・数学・語学が好き)、戦後の東大教官時代(GHQとの刑事訴訟法改正の折衝、三島由紀夫が書いた刑事訴訟法の答案)、最高裁判事に就任して(サ-・カール・ライムント・ポパーとの出会い、ユダヤ人談義)、いま学問に思うこと、望むこと(「科学技術」と「科学・技術」、「人間性のない刑法学は空虚であり、科学性のない刑法学は盲目である」、次代の若者よ、反骨精神を持て)というもので、いずれも団藤先生が自ら歩んでこられた貴重な体験談が凝縮されていて、一気に圧倒されてしまいそうな読後感が残りました。 
 その中でも、私としては、団藤先生の以下のような言葉が印象的でした。
「語学というものは、面白いですよ。・・ただ好きなだけです。勉強しました。・・勉強自体が好きなのですよ。・・勉強方法なんかありません。”好きこそものの上手なれ”なのでしょうね」。「とにかく頑張れといいたい。・・昔はもっと気骨のある連中が多かった。・・いまはその反骨精神がないですからね。みんなご無理ごもっとも」。「問題意識を持ったら、何にでも食らいついていく。しかし、もちろん、冷静に物事を見極める科学の目と、人の心を思いやる人間性は決して忘れてはならないですけどね」。
 
[PR]
by nakayama_kenichi | 2008-02-08 17:39