最近大学を離れ、論考を公表する機会が少なくなってきました。論文として公表する以外の資料や感想文などを公開する場を持ちたいと考え、このブログを開設しました。


by nakayama_kenichi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2008年1月1日

 一夜明けたら、2008年1月1日、今年の1年間の初日(元日)に当たる日です。
 元日は、例年よりも起床が早く(私は6時半)、朝食後、4人で、近くの長岡天満宮に初詣に出かけました。気温は低く、冷たい朝ですが、空気は済んで天気は良く、風もない穏やかな正月の朝です。天満宮に近い長岡公園の中を10分ほど歩けば、もう天満宮の境内に着きます。朝早いのでまだ参詣者はそれほど多くなく、すぐに参拝を終えましたが、娘の孫が2人とも大學と高校の受験を控えていますので、おみくじを引いて「大吉」の結果を喜んだり、絵札に合格祈願の言葉を書いて奉納するなど、神頼みの行事を真剣な面持ちで行っているのが印象的でした。私自身は、自分の受験のときなど、そんなことをしたのかなあと思いましたが、ずいぶん昔のことで、記憶は定かではありません。
 元日の午前は、さすがに仕事はせず、心待ちしている年賀状の束が郵便受けに落ちるのを見届け、各地から寄せられて来た年初の便りを一枚一枚見ながら、平素はご無沙汰している知人との友情を確かめ、それぞれの人の様々な近況に思いを馳せるという、心の交流の時間が流れる大切な時間帯です。賀状御礼の返信も何枚か書きましたが、最近は、メールでの年賀状の交換も増えてくる傾向にあります。
 元日の昼食には、大阪の息子と孫が参入し、食後は、6人で、長岡天満宮のすぐ近くにある特養ホーム「天神の杜」まで徒歩で出かけました。100歳を越えたおばあちゃん(亡妻の母)は、人の識別はつかなくなっているものの、笑顔の顔色は良く、所内の喫茶室でアイスクリームをぺロリと食べるなど、元気な様子なので、安心して帰宅しました。
 夕方までに、このブログを書き、夜は、今年の初仕事をする予定です。
 以上が、2008年のブログの初めですので、よろしく。
[PR]
by nakayama_kenichi | 2008-01-01 17:52