最近大学を離れ、論考を公表する機会が少なくなってきました。論文として公表する以外の資料や感想文などを公開する場を持ちたいと考え、このブログを開設しました。


by nakayama_kenichi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

仙崖荘との最後の別れ

 10月26日に若狭の仙崖荘にお別れする会があり、私も出かけたことについては、このブログにも書きましたが、100年前の仙崖荘の建物をいよいよ解体する前に、あらためてお祓いの儀式が行われたという知らせがありました。
 11月21日の午前8時半に、旧門人関係者が10名ほど集まり、仙崖荘にもかかわりのある近在の須部神社の神官である山内さんによって、厳粛なお祓いが建物の3箇所で行われました。神官もあらためて仙崖荘の由来に深い関心を示されたとのことです。
 当日は、小浜の例の90翁の赤崎さんが、とくに「漢詩」を披露され、若狭の賢者の遺影とともに、お祓い場所に並べられました。その漢詩とは、以下のようなものです。
         
            仙崖 山荘 懐往年
           
            賢者 思徳 額墓前
 
            時勢 変遷 惜別哀
 
            郷民 尽語 素心伝

                           作 卒寿 赤崎固山

 仙崖荘跡地には、記念碑を立てる計画で、これから準備に入ります。
 なお、私の『定刻主義者の歩み』には若狭の賢者の話が入っていることもあり、若狭からはすでに31冊の注文が寄せられました。そのことは、少なくとも30名の方々が、今でもかつての「若狭の賢者」の旧門人関係者として遺徳を語り継ごうとされているひとつの証ともいえでしょう。
 間もなく、仙崖荘の建物がなくなりますので、その写真を入れておきます。
 
 
 
c0067324_16424027.jpg

[PR]
by nakayama_kenichi | 2007-11-22 12:17