最近大学を離れ、論考を公表する機会が少なくなってきました。論文として公表する以外の資料や感想文などを公開する場を持ちたいと考え、このブログを開設しました。


by nakayama_kenichi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

網野正徳寺の住職

 若狭に行った22日の翌23日に、90翁の赤崎さんの案内で、京都府の丹後方面に車で向かい、大江山の山中にある「元伊勢」(三重の伊勢神宮の前身で、内宮と外宮を備えた古風で威厳のある建物と広い境内)を見学し、その規模の雄大さと眼下の景色の美しさに魅せられました。こんなところに伊勢神宮の元となった旧神宮があるとは、思いもよらないことでした。内宮には、乾満昭氏ゆかりの若狭彦神社の祠もありました。
 その後、鬼の看板をいくつも見ながら大江山を下り、日本海岸近くの網野町まで足を伸ばして、「今良寛さん」のおられるという「正徳寺」を訪問しましたが、これがまた聞きしに勝る驚きの連続でした。広い境内には、手入れの行き届いた庭園があり、植木や盆栽が何列にも並び、池には緋鯉が泳いでいましたが、これらの手入れは、すべてこの寺の和尚さん(今村隆之師)がひとりでなさっているとのこと。お寺の建物も、立派なものですが、何よりも人を驚かせるのは、おびただしい彫刻類で、本堂にも庫裡にも木堀りの観音像のほか、布袋さんや達磨さんなどが、さらに衝立、火鉢などがところ狭しと並べられていたことです。絵画ももちろん多く、天井絵や風景画なども、すべて自作のものが2,30点もあるといわれるのです。
 しばらく作品を拝見した後、いよいよ和尚さんに直接お会いすることができました。年は私と同世代の80歳くらいで、初対面とは思えないほど打ち解けて、話の合間に、これまた手製の横笛と尺八を取り出して、即興的に演奏して下さるという有様でした。和尚さんからは墨絵の色紙のほか、数枚の短冊を頂きましたが、その中の2,3の内容を紹介しておきます。
 「人に高下なし 心に高下あり」 「今日も生かされている この不思議」
 「言葉は丸く口とがらすな ものも言いようで角が立つ」
 この和尚さんのお話の中で、とくに印象に残りましたのは、これだけの多くの仕事をしているのは自分ではなく、仏さまが自分にさせておられるのですという趣旨の発言でした。この今良寛さんに、もう一度お会いする機会があればと願いつつ、お寺をあとにしました。
c0067324_2053053.jpg

[PR]
by nakayama_kenichi | 2007-10-26 21:41