最近大学を離れ、論考を公表する機会が少なくなってきました。論文として公表する以外の資料や感想文などを公開する場を持ちたいと考え、このブログを開設しました。


by nakayama_kenichi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

歌舞伎の鑑賞

 7月12日の午前11時から、大阪の松竹座で、7月大歌舞伎の演技を鑑賞するという機会に恵まれました。これは、私にとっては思いもよらなかったことですが、大阪の弁護士の石川さんご夫妻が意識的に私を誘って下さったおかげです。
 私にとっては、道頓堀かいわいの雰囲気をはじめ、松竹座の建物の風情、それに満員の観客の笑いとざわめきなど、めずらしいものづくめでしたが、出し物の「鳴神」「橋弁慶」「義経千本桜(渡海屋・大物浦)」の立派な舞台装置と役者の練達した立ち回りと力強い演技力には終始圧倒されました。
 年のせいで少し耳が遠くなり、せりふが聞き取りにくいところもありましたが、石川さんに勧めてもらったイヤホンが舞台の進行経過を要領よく解説してくれるもので、大いに助かりました。
 これまでは、外国に出張したときには、オペラやコンサートを鑑賞する機会はあっても、国内ではほとんどそのような機会がなく、むしろ研究時間を確保するために、意識的に敬遠してきたことを思いますと、もう少し古典的な芸能や文化的なイベントに直接触れる機会を増やす方が望ましいように感じました。 しかし、これも他人まかせという勝手な了見で、石川さんのようなお方にお願いする以外にはありません。
 当日、観劇から帰宅しましたら、早速、熊本の弁護士さんから、7月20日までに迷惑防止条例についての意見書を書いてほしいとのメールが入っていましたので、また原稿の準備と執筆という本来の仕事に立ち帰らなければなりません。
 ただ、今日見た片岡仁左衛門や市川海老蔵の勇姿は心に残っており、とくに片岡幸太郎などの女形の姿態と声が印象的だったことを思い出しています。
[PR]
by nakayama_kenichi | 2007-07-12 22:34