最近大学を離れ、論考を公表する機会が少なくなってきました。論文として公表する以外の資料や感想文などを公開する場を持ちたいと考え、このブログを開設しました。


by nakayama_kenichi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

「天神の杜」4周年祝賀会

 5月1日の夕方に、亡妻の母(8月で100歳)が入居している特別養護老人ホーム『天神の杜』の創立4周年の祝賀会があり、私も役員の一人(家族会会長)として出席しました。会場のホテル京都エミナース(竹の郷温泉)へは施設から送迎バスで往復しましたが、参加者は、数人の役員のほかは、施設のスタフとボランティアの皆さん方で総勢数十人というにぎやかな集まりでした。しかも、圧倒的に若い女性が多く、華やかな雰囲気にびっくりしました。
 『天神の杜』は、数少ない「ユニット方式」の特養ホームで、50名の定員ですが、スタフは定員を上回り、文字通りの手厚い介護が行われています。場所は、長岡天満宮のすぐ傍で、環境も抜群といえます。入居者は恵まれており、300人もの待機者があるということです。
 パーティでは、まずこの1年間の仕事ぶりの目だったスタフに対する表彰状の授与式から始まり、その後は、広間でバイキング方式の素敵な夕食が出ました。私のような1人者には有難いとひそかに思いました。食事の後は、ビンゴゲームとカラオケなどの余興があり、最後に温泉入浴券の抽選までありましたが、何と私は、ビンゴケームの賞品も入浴券も当たるという幸運に恵まれて悦に入った次第です。
 何人かのスタフの方々と懇談しましたが、どなたもお年寄りの入居者の介護が楽しいといわれていたのには、心から感心し、暖かい感謝の気持ちに包まれました。帰りのバスの中では、月に2回、生花を教えにみえているボランティアの女性と話しましたが、教えつつ教えられることが多くこれからも続けたいといわれていたのが印象的でした。来年の5月1日の5周年の祝賀会にも出たいなあと思いながら、雨の中を帰宅しました。
 
 
[PR]
by nakayama_kenichi | 2007-05-02 23:05