最近大学を離れ、論考を公表する機会が少なくなってきました。論文として公表する以外の資料や感想文などを公開する場を持ちたいと考え、このブログを開設しました。


by nakayama_kenichi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検査入院

 2月19日に前立腺肥大の検査結果が出ましたが、骨までは至っていないものの、さらにがん検査の必要があるということになり、翌20日から一泊の検査入院ということになって、また病院に出かけました。いやな検査でしたが、高熱や出血はなく、一泊で解放されて21日には帰宅し、ほぼ平常の生活に戻っています。
 検査は、前立腺の組織をとって顕微鏡で調べるというものですが、28日にはその検査結果が分かることになっています。それまでは、判決を待つ被告人のような心境です。
 病院での生活は味気ないものですが、今回は、特別にひとつ驚くことがありました。紹介してもらった担当の泌尿器科の医師が、私の顔を見て、かつて京大法学部で私の講義を聞いたことがあるといわれるのです。顔を覚えていませんかとまでいわれるので、私の頭は一瞬混乱してしまいました。よく聞いてみますと、実際には当時医学部に在籍していた当の医師が法学部の講義をひそかに「盗聴」しに来ていたということのようで、ほかにもそのような人がいたとのことです。熱心な学生で、質問に見えていたのかも知れません。
 そのように言われてみると、どこか覚えのあるような顔にも見えて、不思議な気持ちになりました。何か嬉しい偶然の一致というものがあるものです。おかげで、その医師とは親しく会話ができるようになりましたが、昔の話は、もっとくわしく記憶を喚起したいものだと思います。
 ともあれ、今回は病気のこともあり、家内の母(99歳)の病状も心配ですので、このブログは、残念ながらしばらく休止ということにさせて頂きます。元気になったら、また再開したいと考えています。
 
[PR]
by nakayama_kenichi | 2007-02-21 14:38