最近大学を離れ、論考を公表する機会が少なくなってきました。論文として公表する以外の資料や感想文などを公開する場を持ちたいと考え、このブログを開設しました。


by nakayama_kenichi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

大晦日雑感

 今日は、2006年12月31日。今年の大晦日です。
 昨年の暮れは、家内が一緒でしたので、「老人家族」の年末風景を書きましたが、今年は様変わりの淋しい年末です。しかし、12月29日夜に、カナダ在住の娘と東京にいる孫娘が京都に来ましたので、1月3日までの間、つかの間のにぎやかさを味わっています。
 早速、2人について、家内の母(99歳)を老人ホームに訪ねた後、スーパーやデパートでの買い物に付き合いましたが、せわしげな人ごみに挟まれてだいぶ疲れました。やはり、家にいて、本を読み、原稿を書いているのが、一番落ち着けるようです。
 今年は、家内が亡くなって万事休すと思っていたのですが、何とか立ち直ることができ、研究生活にもおおむね復帰し、このブログもその後何とか続行することができたことは、不幸中の幸いでした。多くの方々からのご心配と暖かい励ましがあったことに、心から感謝する次第です。
 しかし、研究生活の面でも、これからできることは自然と限られてきているようです。自重しながら、もうしばらく仕事を続けられることを願うという以上のことは、高望みしないつもりです。尊敬する佐伯先生が、「人は引き際が大切だよ」といわれたことを身にしみて思い出しています。そして、その佐伯先生の追悼論文集の原稿を書くのが、来年の初仕事になりそうです。
 80歳代の「余生を楽しむ」ということが、私の場合に、「研究を楽しむ」ということになっていくのかどうか、来年が大切な境目の年になりそうです。成文堂からは、論文集の出版を勧められていますが、それができるかどうかも、これからの気力と体力の調整いかんにかかっています。とくに若い人たちとの対話と交流に引き続き努めたいと考えています・・・・・・。
 明日から、2007年です。
 
[PR]
by nakayama_kenichi | 2006-12-31 16:26