最近大学を離れ、論考を公表する機会が少なくなってきました。論文として公表する以外の資料や感想文などを公開する場を持ちたいと考え、このブログを開設しました。


by nakayama_kenichi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

母校の野球部便り

 毎年7月になると、全国高校野球の全国大会に向けた地方の予選試合が始まりますが、今年も、母校の滋賀県立虎姫高校から、「野球部便り」が送られてきました。これは、野球部OBに対する連絡と募金を目的としたものですが、かつての青春時代を思い起こすなつかしい機会となっています。
 今年は、第88回全国高校野球選手権滋賀大会に当たり、初戦は湖東スタジアムで7月17日に八日市高校と対戦するということです。虎姫高校野球部は、昭和23年以後の夏の大会は、23勝34敗、硬式復活後の夏の大会は、26勝31敗という成績になっているとのことです。
 この便りでは、現在の3年生は、硬式野球部復活後30年の節目を迎える学年に当たり、その3年生を中心に、40名をこえる生徒たちが夏の1勝を目指して、汗と泥にまみれていますと記載されています。
 私自身が野球部に関係していたのは、戦前の旧制虎姫中学の時代でした。当時は滋賀県のもっとも北はずれの県立中学として、県の大会に出場したのですが、1回戦でのコールド負けという苦い経験をしたことを思い出します。しかし、その結果にくじけることなく、また来年に挑戦するという夢と心意気を失わずに、日々の練習に励むという地味な努力のなかから、大切な何事かを学んだように思います。その歴史は現在にも生きているのです。
 このブログを通じて、母校の虎姫高校の球児たちに、心からのエールを送りたいと思います。学業との両立という重要な課題にも、賢明に立ち向かって下さい。また機会があれば、母校のグランドに降り立って、昔を偲びたいと思います。
[PR]
by nakayama_kenichi | 2006-07-10 11:07