最近大学を離れ、論考を公表する機会が少なくなってきました。論文として公表する以外の資料や感想文などを公開する場を持ちたいと考え、このブログを開設しました。


by nakayama_kenichi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

元特捜部検事の談話

  最近、大阪地検特捜部の捜査主任がフロッピーディスクを改ざんしたという容疑で、証拠隠滅罪で逮捕されてから、10日も経たないうちに、上司に当たる特捜部の前部長と副部長の2人が、その意図的な改ざんを知りながら隠蔽したとして、犯人隠避罪の容疑で逮捕されるという事態にまで急展開を見せています。
 マスコミは、これを前代未聞の事件として大々的に報道しており、今後の最高検の捜査とその後の事件処理の成り行きが注目されるところです。今回の事件については、すでに多くの評論が公表されていますが、その原因が特捜検察にとどまらず、従来からの日本型「密室取調べ」による自白偏重と裁判所によるチェックの甘さにあるとして、今回の事件にも「第三者による検証」が必要であるという批判的な指摘が見られるのは理解できるところですが、ここでは、むしろ元特捜検事による談話に注目する必要があります。
 元特捜部検事にとっても、今回のような事件は、想像を絶する事態であるといわれていますが、それは「最近の」特捜部の捜査が、事件の筋読み(構図)に合うような証拠ばかりを集め、合わない証拠を無視する傾向が強く、見直しをしない点にあるとする一方で、問題はシステムというより運用=人の問題だとして、検事の再教育の必要を提言するものも見られます。
  私は、そのような談話の中に、かつての特捜部に対する「自己批判」が全く見られず、むしろ「特捜検察の原点に帰れ」というメッセージさえ感じるのです。捜査である限り、ある意味での「押し付け」は仕方のない面もあり、国民の権利意識に合わせた新しいスタイルに向けた工夫が必要であるというのが、本音をあらわしているように思われます。
  しかし、ここまで来てしまえば、取調べの適正化のために、「全面可視化(録音・録画)」は避けられないのでないか、という意見も出ていることが注目されます。
[PR]
by nakayama_kenichi | 2010-10-02 10:43