最近大学を離れ、論考を公表する機会が少なくなってきました。論文として公表する以外の資料や感想文などを公開する場を持ちたいと考え、このブログを開設しました。


by nakayama_kenichi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

河野私案について

 今回の自公両党の委員会案は、いわれる通り、町野案というよりも、河野私案というべきものだといってよいでしょう。
 その特色は、ドナーが移植先として自分の親族を指定できるようにしようとする点にありますが、これはすでに批判されていますように、臓器の匿名性とその分配の公平性という原則に反するもので、現行法2条4項の「移植術を必要とする者に係る移植術を受ける機会は、公平に与えられるよう配慮されなければならない」とする規定の趣旨に反することになります。またそれは、相手方の特定を通じて、臓器売買を誘発するおそれもあるというべきでしょう。
 さらに、その範囲でのみ自己決定権を尊重しながら、それ以外の場面では自己決定がなくとも臓器提供を認めるという点で、論理が逆転しているように思われます。
 まずは、ドナーカードの普及をという批判こそ筋が通っているというべきでしょう。
[PR]
by nakayama_kenichi | 2005-04-10 22:15