最近大学を離れ、論考を公表する機会が少なくなってきました。論文として公表する以外の資料や感想文などを公開する場を持ちたいと考え、このブログを開設しました。


by nakayama_kenichi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

90歳ご夫婦のお祝いの会

 この高齢者用マンションは15階立てで、部屋数は150室に及びますが、各室は1人又は2人の定員なので、内部は静かで、廊下にはあまり人影は見られません。年代別の統計は正確には分りませんが、70歳代後半が最も多く、70歳代前半と80歳台がこれに次ぎ、50歳台と90歳台とが極めて少ないという構成になっているものと思われます。
 その中にあって、最高齢は、このブログでも紹介しましたサンスクリットの専門家の雲井先生ですが(94歳)、それに次ぐのが、今回、お2人とも90歳というご長寿のKさんご夫妻なので、去る9月25日に、簡単な昼食会の形で、親しい仲間12名が集まり、ささやかな、しかし楽しいお祝いの会を催しました。
 当日は、ご主人の90歳のお誕生日でしたが、奥様も少し前に90歳になられたばかりで、揃って「卒寿」というのは、このマンションにも他に例を見ない貴重なカップルとして注目されているのです。しかも、お2人ともまだまだお元気な上に、何よりも奥様の笑顔が素敵なので、同席するだけで顔がほころぶというなごやかな雰囲気に包まれました。
 お2人は、敗戦直後の昭和22年に結婚されていますので、すでに60年以上を経過しています。ご主人は、戦前の京都帝国大学の工学部卒の学歴で、僧籍にも関係された庶民感覚の持ち主ですが、今でも車を運転されるという超人です。一方、奥様は1人っ子の京美人で、全くお化粧したことがないというのに今でもピンクの頬という、これまた抜群の魅力をそなえておられます。ただ、歩くのが少し不自由で手押し車を使われていますが、その歩行のリハビリを私がお手伝いしているというわけです。
 集まった12名はみな、お2人の「卒寿」を祝し、お2人にあやかって、元気な笑顔での長寿とあたたかい助け合いを約束しながら、散会しました。 
c0067324_15524869.jpg

[PR]
by nakayama_kenichi | 2009-09-30 18:07