最近大学を離れ、論考を公表する機会が少なくなってきました。論文として公表する以外の資料や感想文などを公開する場を持ちたいと考え、このブログを開設しました。


by nakayama_kenichi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

35年目の証言

 憲法記念日を前に、過日の新聞には、今から35年前の長沼訴訟判決で、「戦争を放棄した憲法のもとでは自衛隊は違憲である」と明快に断じた福島重雄氏が、その後長年の沈黙を破って、当時の日記や関係資料を近著で公開したことが報じられていました(朝日新聞2009年4月30日)。私自身も、京大法学部時代の瀧川ゼミの同窓生として、長年付き合ってきた友人ですが、この事件については直接触れることを避けてきた経緯があります。
 今回、署名入りで送ってもらった『長沼事件 平賀書簡―35年目の証言』(福島=大出=水島共編著、日本評論社、2009年)を一気に読了しましたが、そこには、北海道長沼ナイキ基地訴訟における違憲判決の経過とともに、この違憲判決を回避させるために当時の札幌地裁の平賀健太所長が福島裁判官に送った「平賀書簡」が裁判官の独立に対する干渉ではないかという問題が、最高裁や国会まで巻き込む政治問題にまで拡大し、結果的には「青法協」(青年法律家協会)に所属する若手の裁判官が再任拒否などの不利益を受け、裁判官に対する官僚統制が進むという「司法の危機」をもたらした経緯がなまなましく語られています。
 福島氏は、自衛隊の違憲判決については、当然のことをしただけだとし、憲法判断を避け続ける最高裁判所に毅然とした姿勢を求め続けていますが、結果的に青法協所属の若い裁判官の進路を阻害するような多大の迷惑をかけたことには心が痛むと述懐されています。
 改めて、福島氏の国民に対する正直さと誠実さ、そして憲法の基本理念への深い理解と信頼のゆるぎない確信を再確認し、その大変なご苦労に深甚の敬意を表したいと思います。
[PR]
by nakayama_kenichi | 2009-05-09 21:33