最近大学を離れ、論考を公表する機会が少なくなってきました。論文として公表する以外の資料や感想文などを公開する場を持ちたいと考え、このブログを開設しました。


by nakayama_kenichi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

オーストラリアとニュージーランド

 過日はまた、日本で通訳や医学などの専門文献の翻訳などの仕事をしている外国人で、オーストラリアとニュージーランドから来日している同年代の2人の若い男性と会う機会がありました。2人ともすでに10年位日本に在住していますので、英語よりも日本語で十分会話ができて、すぐに打ち解けました。
 隣の国といっても、オーストラリアは大陸で、ニュージーランドは島ですが、お互いに自国のお国自慢をし、ユーモアも解する好青年でした。私は、その折、約20年前にオーストラリアに行ったことがあると話しましたが、いつどこへ行ったのかという詳しいことはすっかり忘却しており、これも年のせいかなと苦しい弁解をする始末でした。しかし、家に帰れば当時の記録と写真があるはずなので、是非この機会に、確かめてみたいと思っていました。
 その証拠物件によりますと、私は、1990年の2月に、2週間ほど、オーストラリアのメルボルンにある「アジア法センター」を訪問して、テイラー研究員などのスタフと交流した後、帰途にシンガポール大學にも立ち寄って、短期間ですが、珍しい経験をしています。
 そのときの写真もかなり残っていますが、珍しい野鳥を見たり、カンガルーに餌をやっているような野外の風景のほかは、大學や研究機関、裁判所や刑務所などの建物の名称や場所などは今でも思い出せません。またそれ以上に残念なのは、交流した大學や研究所のスタフとの事後の連絡が、その後は途絶えてしまったことで、大いに反省しているところです。
 ニュージーランドの青年は、自然環境がはるかに良い自分の国も是非見てほしいと勧めてくれましたが、今のとことは、ニュージーランドのオークランド大学で英語を勉強中の中国人留学生からの近況報告を待つことにしました。
[PR]
by nakayama_kenichi | 2009-04-05 21:31