最近大学を離れ、論考を公表する機会が少なくなってきました。論文として公表する以外の資料や感想文などを公開する場を持ちたいと考え、このブログを開設しました。


by nakayama_kenichi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

マンションの来訪客

 琵琶湖畔の高齢者用マンションに転居してから、もう半年が過ぎました。暑い夏の琵琶湖の風情は壮麗な花火大会に象徴されていましたが、秋から冬にかけての琵琶湖の風情も早朝に水平線から上る明るい太陽の光に映える静かな広い湖面にあらわれています。
 その間、1人住まいの新しいマンションには、かなり多くの来訪客があり、新居を通じて新たな交流を深める機会となりました。琵琶湖の眺望という環境要因とともに、普通の老人ホームでもなく、家族用のマンションでもない特色が、来訪客にとっても珍しく興味を惹くところとなっているようです。狭いけれども独立した個室のほかに、共用部分として、食堂と大浴場のほか、和室やホビールームなどもあり、さらに提携病院を通じて医療と介護も受けられるというメリットもあります。入居者の間でも自然と仲間ができ、助け合い運動も始まっています。
 ただし、交通の不便さや周囲の環境の未整備などの問題をかかえていますので、来訪客を接待する手段が乏しいという問題があります。そこで、現状では、お昼前に来てもらって、マンションの食堂で一緒に昼食をとり、歓談のあとは、歩いて10分くらいの湖畔にある柳が埼公園内の「びわ湖大津館」(旧琵琶湖ホテルを改修保存した建物)の内部を見学し、びわ湖を眺めながらお茶を飲むという趣向で接待するという方法が定着したようです。車でもあれば、近江神宮や比叡山麓などへも足を伸ばすことができますが、それができなのが残念です。
 最近では、11月30日に大阪の事務所の女性事務員3人、また12月2日には大學の後輩に当たる夫婦連れ5人の来訪があり、楽しいひと時を過ごしました。
c0067324_20494213.jpg

[PR]
by nakayama_kenichi | 2008-12-06 09:41